信州オレイン豚って何?

信州オレイン豚の紹介

信州オレイン豚はオレイン酸含有率45%以上!

「信州オレイン豚」は、一般的な国産豚肉と比較して旨み・甘み・コク・まろやかさの数値が高いのが特徴です。その名の通りオレイン酸含有率が45%以上と豊富で口にした時、脂が溶ける温度が低くなめらかな舌触りもおいしさのポイントです。信州オレイン豚のバラ肉は、肉質がとてもやわらかいです。脂肪分が多い部位ですが、その脂肪分がおいしいです!

信州オレイン豚

オレイン酸とは?

オレイン酸は、オリーブ油や椿油などに多く含まれる一価不飽和脂肪酸のひとつです。高コレステロール、高エネルギーの食事が原因で過剰に増えた悪玉(LDL)コレステロールを抑制する効果があり、動脈硬化や高血圧、心疾患などの生活習慣病を予防・改善するといわれています。また、酸化しにくい性質があるため、体内の活性酸素と結びつきにくく発ガン抑制に効果的であるといわれています。

信州オレイン豚3つのこだわり 1おいしさの基準 1頭1頭のオレインさん含有量を測定し、オレイン酸含有率:45%以上をクリアした豚だけを信州オレイン豚として提供します。 2飼料 信州オレイン豚は、独自開発した専用資料を食べて育ちます。 3安心安全な豚肉 繁殖・肥育から製造・販売まで一貫した管理体制で精算された安心安全な豚肉です。

信州オレイン豚の美味しさの理由

信州オレイン豚の脂肪酸について、一般的な豚肉と比較しました。

オレイン酸が豊富

信州オレイン豚は、一般的な国産豚肉と比較してオレイン酸が豊富で、甘みとクセのない香りがあり、脂肪融点が低く舌触りがなめらかなおいしい豚肉に仕上がっています。

信州オレイン豚の味覚について、一般的な豚肉と比較しました。

肉のうま味、甘み、コク、まろやかさの数値が高い

一般的な国産豚肉を”100″とした場合の比較です、信州オレイン豚はうま味成分・甘み成分の値が高く、肉のコク・まろやかさに関する成分の値も高いため、雑味の少ないおいしい豚肉といえます。

信州オレイン豚

専用の飼料を独自開発

トウモロコシやお米、マイロ(こうりゃん)などの穀物を主にブレンドし独自開発した専用飼料を与えて育てることにより、豚肉のうま味に影響を与える一価不飽和脂肪酸の「オレイン酸」含有率が増加し、柔らかくて優れた肉質の豚肉になります。

信州オレイン豚

信州オレイン豚が誕生するまで

信州オレイン豚は、肥育から製造・販売まで一貫した品質管理体制で生産された安心で安全な豚肉です。
指定直営農場でのびのび育てられる”信州オレイン豚”の品種は「三元交配豚」。3つの純粋種「ランドレース種」「大ヨークシャー種」「デュロック種」を交配し、それぞれの長所をバランスよく引き出すことでおいしさや品質の均一化をはかっています。

信州オレイン豚が誕生するまで

認定制度

信州オレイン豚は、1頭1頭識別管理され、生産農場・識別番号・加工日・オレイン酸測定値を記載した証明書が発行されます。

認定証